ゆきのしっぽ

ゆらゆらふらふら。気の向くままのネコの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
出会い
最近沢山の「はじめまして」と
「ひさしぶり!」な人々と出会う。

いろんな皆さんの「今」を知る事はとっても刺激的だ!

新しい空気や元気をもらって充電される♪

人見知りなので新しく出会う人とはやっぱり緊張するんだけども、
せっかくここで出会えた奇跡の時間を
モジモジしてたらもったいない!
そうやっと思えるようになったので
がんばっている(><)


先日豆腐ひき売り時代に知り合った方とご飯を食べた♪

病院の看護師さんで
自分が通る時間に丁度休憩時間でひょいっと病院から出てきてくれた。
すっごくあかるい奥さんで
いつも色々励まされて
心配してくれて元気をくれる♪

以前やった芝居にも見に来てくれて
応援して下さっていて。

看護師しながら踊りをやったりジムに行ったりしているアクティブな方。
年齢をきいてびっくり!
お孫さんがいるなんて!

いつでも行動的な人は元気で若い!

自分もそうありたいなあ~

がんばるにゃーー




スポンサーサイト
はじまりました!
日ごろ大変お世話になっているタッタタ探検組合さんの舞台がはじまってます!

ほんとにほんとにいつも沢山助けて頂いています。
ありがとうございます!

とっても熱く・優しく・楽しい皆様です!
タッタタさんのお芝居をみるといつも「充電」されます。

なんというか
見終わったあとに全速力で走りたくなるような、
マラソンに参加したくなるような
富士登山にいっちゃおうか?このまま?
みたいな。

どこから湧くのか分からない
自分でも得体のしれないエネルギーが
おりゃーーーっっ!!
っと湧きでてくる感じです。

そんなタッタタさんのお芝居の詳細です。
中野へいそげ!!野菜の販売があるそうです(笑)楽しみすぎる・・


タッタタ探検組合2011春夏コレクション
「聖火の献立~青果編」

【日程】
2011年7月6日(水)-10日(日)


【タイムテーブル】
6日(水)19:30
7日(木)19:30
8日(金)19:30
9日(土)14:00/19:30
10日(日)12:30/16:00
※未就学児をお連れのお客様は土日の昼の回にのみ、ご入場いただけます。

【会場】
中野 テアトルBONBON

【出演】
あおきけいこ 池澤夏之介 角矢えび キクチマコト 栗原智幸 権藤英子(劇団単双三千) 斎藤啓子(I and I Factory) 佐々木優 ジェット朗(立体再生ロロネッツ) 柴田O介 鈴木絵里加 谷口有 中村浩司 星野謙二郎(MILITARY POWER) 牧島敦 薬師寺淳一


【チケット】
前売 3000円
当日 3500円
ペア 5500円(御二人様入場可)
学生 2000円


【あらすじ】
なぜか南東北の地方都市「五本杉市」で開催されることになった次期オリン◯ック。
その選手村食堂で出される料理の食材の座を賭けて、地元特産の「五本杉野菜」vsそんじょそこらの「流通野菜」の対決が今、始まる。ネギが奏で、白菜が歌い、セロリは踊る。タッタタ流脱力系チカラワザエンターテイメントの、今度は青果編!



ああ
このあらすじだけで元気になるなあ(笑)
楽しみ♪





ふたりしばい

先日、以前自分も出演させて頂いたFallen Angelsさんの
‘LABO’vol.5『Better half』を観に行きました!

まりん・・・美人だー!
同じハグメンバーとして誇りに思うよ。。

そして相手役の白鳥さん。とっても魅力的な方でした。
存在自体が気になってつい目で追ってしまう。
ご本人様もとても気さくな方で(^^)

Fallen Angelsさんの‘LABO’は30分二人芝居という
とっても濃密な空間。
少し謎めいていて、最後には「そうか!」と驚かされるとともに、
なんとも言えない愛おしさとか、切なさが湧きおこる。
甘くて苦い人間模様が美しい空間。

そして一回きり。ほんとうに一本勝負!
だからこそ得られるものは計り知れないのです。

出演させてもらった日々を懐かしく、
愛おしく思い出しました。

未熟な自分にまっこうからぶつかってくださった脚本演出のまきさん。
沢山迷惑をかけつつもフォローして下さった小埜哉さん。
感謝してもしきれないくらい。
貴重な時間をもらいました。

今回あらためて30分劇場を観て
いろんな反省や感謝の気持ちが湧きおこる。

芝居って
すばらしいなあ。

ただひたすらに。
人間って愛おしいなと。
思ったのです。







であう


いつもお世話になっている木の下さんのお芝居を見に行った。
劇場が超近所でびっくり!自宅から2分(笑)
すっごくあったかいお芝居だった。
いろいろ自分に重なってしまって、じわっときた。
人間の呼吸やぬくもりが伝わるお芝居は素敵だと思う。
その場所でしかできない、ありえない出会いが素敵だと思う。
木の下さんはほんとあったかい人だ。それが芝居にもにじみ出るんだと思う。



                                                           



その後高校の同級生とものすごい久しぶりに食事。
友人が出品しているマトリョーシカ展へ。
やっぱいい絵を描くのう・・
結婚していたり、婚約していたり、彼氏がいたりいなかったり、、
それぞれの「今」があってなんとも不思議な感覚だ。

同じ制服を着て同じ帰り道を通ったあの日々がなんとも遠い日の夢のよう。

なんて考える日曜日。


そこに存在するということ



さとまりの即興実験公演に行ってきた!

インプロ・・・
すごいおもしろかった!

あの場所・あの瞬間・・
本当にその場だけの奇跡・偶然・必然・・・
とても興味深い空間だった。

刺激的。
一緒にドキドキする。

普通のお芝居は脚本があって演出があって、
「こうする」「こうしよう」という人間の意図が盛り込まれている

インプロはそれがない

まったく意図しないところに発生していくもの
そしてその空間に「存在する」ということはどういうことなのか?

生きる

とは?

人生もインプロみたいなものだ

自分は自分を生きているのか?
ほんとに?

いろいろ考える阿佐ヶ谷の夜でした。

また行こう。



Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。