ゆきのしっぽ

ゆらゆらふらふら。気の向くままのネコの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
3月9日
パソ子ちゃんの調子がいいので嬉しい。

最近レミオロメンの3月9日という曲にはまっている。
(今変換したら「レミオ路面」ってでた。)

「瞳を閉じればあなたが瞼の裏にいることで
 どれほど強くなれたでしょう
 あなたにとって私もそうでありたい」

この曲、昔どこかで聴いたような気がしている。
なつかしい。

おだやかな感じがとても好きだ。
はやく春になればいい。
桜の下を待ち焦がれるよ。
スポンサーサイト
信じる
私はどうやら芝居の時に相手の目を見るのが苦手らしい。
今回たか子さんと絡みが多いのだが、
「ゆきちは私の目を見ない~」と言われてしまった。しゅん。
どこかしらで力を逃がす行動をしてしまう。
それが今は目線なのかなぁ。
前は手だった。
手だけ「余る」
余計な力が入るのだ。

そんなこんなで今日はたか子さんの、
「目と目を合わせてうふふ作戦」を決行した。
芝居中ずっと目を見るというものだ。
ついそらしたり、そらしたり、そらしたり、、、
くるしい、、、
でも目を見られてるとスキが作れなくて、
全部お見通しよ!って言われてる感じで、
逃げられなくて、

かなり芯をついたセリフのところで、
ぐわっ
・・・っときてしまった。
何かが。
押し寄せてきてやりきれなくて、涙が出た。
いや目を見なきゃいけないからじゃないですよ。
感情の波が。

不可能かもしれないことを、
大丈夫と言って元気付ける。
その根拠はどこから?
その純粋な、神聖な、
理由もなく、ただ誰かを勇気づけたいと。
笑って欲しいと思える気持ち。
きれいな感情はどこから?

そんなこんなで悩んでおります。「稲穂の雨」
でも何か見つかりそうかも。

モローラ
南アフリカの人のお芝居をみた。

舞台中央に土。
黒人。
血。
灰。

涙、慟哭。

暴力からは何も生まれない。
生まれるのは憎しみと、新たな流血だけだ。
繰り返されてはいけない。

いわゆる復讐劇だったのだが、ものすごいパワーを感じた芝居だった。
生臭くて、人間的で、神聖な。

もし自分の愛する人が殺されたとしたら、
やっぱりそいつを殺してやりたいと思うだろう。絶対に。
許さないと思うだろう。

でも。

やっぱりどこかで止めなくてはいけないのだ。

強いメッセージを感じた。
戦争なんてこの世からなくなればいいのにね。
芝居で平和を呼び込めないだろうか。。

なんて考える深夜2時。
ねむ~い


真剣に
家のパソコンが壊れてます。
ネット開けば謎のウインドウが発生し、
5分ぐらいでフリーズするというなんとも気の早いやつです。
はっはっは

ちょっと真剣に直します!
ので更新遅くてすみません(もともとか)
ちなみに今は友達の家でパソ借りてる次第です。
ヤフー早いなぁ・・・
倉庫整理
今日は倉庫整理でした。
やっぱり都会を離れて自然のあるところに来ると癒される~
青空と緑とちょっとだけ春の匂い。
早く春にならないかな~


バレンタイン
バレンタインがくると小学校の時の事を思い出す。
友達と作った手作りチョコ。
ラッピングは散々悩んで自分で買い、一生懸命包んだ。
当時そろばん塾に通っていて、塾が終わってからこっそり待ち伏せて、
目も見れないままバッと差し出し、逃げるように去った(笑)

そのときに言われた「ありがとう」という言葉を今も覚えている。

かゆ!!

幼い日の淡い思い出ってやつでっせ。
いいな~恋って(笑)
あのころのドキドキパワーって凄いと思う。
若さだな。。。


学ばない時間
西村さん作・演出の舞台「学ばない時間」を見てきました。

ツボだったのは国語の先生の「スポッチライト」
「ト」を「チ」にすると妙におかしい…!
あと数学の先生の緊張ぶりと、馬場先生のツバ飛ばしが良かった。
殴られるシーンで本当にツバ(3cm大)を客席に飛ばしてしまうこの勢い!
おかしいな~芝居って。何が起こるかわかりません。

人間の「キャラクター」ってすごく面白いと思う。
色が沢山あって、それが混ざって、
マーブル模様になったり、虹色になったり。
おもしろいな~

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。